MENOUのメンバー。外観検査AIをノーコードで開発できる「MENOU-TE」を用いて人物特定AIを作った様子  すべての画像提供 : MENOU
MENOUのメンバー。外観検査AIをノーコードで開発できる「MENOU-TE」を用いて人物特定AIを作った様子 すべての画像提供 : MENOU

コンピュータやロボット技術など、テクノロジーの進化に伴って製造業のデジタル化や自動化が進んでいる。ただ、製品が市場に出る前に実施する「検査作業」に関しては、多くの現場において未だに人の“目”と“脳”に頼っているのが現状だ。

2019年にニコン出身のエンジニアらが創業したMENOU(メノウ)はそこにディープラーニング技術を取り入れることで、現場の課題解決を目指している。

MENOU代表取締役CEOの西本励照氏によると、目視検査による課題は年々深刻化しているという。

属人的な業務になるため品質にバラツキが発生するほか、数値化や標準化が難しく新人に技術を伝達するのにも時間がかかる。必ずしも人気のある職業というわけでもなく、新しい人材を確保するのも簡単ではない。その上新型コロナウイルスの影響で現場に行けず、「検査ができないので出荷もできない」という状況に陥る現場もあるそうだ。

目視検査が必要なのは、機械や電子機器を扱う製造業だけではない。インフラ、食品、農産、アパレルなどさまざまな業界でニーズがある。MENOUが狙っているのは、これらの業務をAIで自動化し、人の目や脳に変わるソリューションを提供することだ。

すでに画像解析技術を活用して、ルールベースで画像検査を行う手法自体は存在するものの、そこには「単純な異常にしか対応できない」「アルゴリズムの構築に時間と費用がかかる」「複数検査が困難」といった点がネックになっていたと西本氏は話す。

ルールベースの画像検査には検出できる欠陥が限定されるほか、柔軟性やコストの面で課題があるという
ルールベースの画像検査には検出できる欠陥が限定されるほか、柔軟性やコストの面で課題があるという

近年はディープラーニングの発展によりこうした状況が変わりつつある。従来の手法では検出が難しかった複雑な欠陥を検出することができるようになり、外観検査の自動化が現実味を帯びてきている。

一方で、AIエンジニアが希少なためシステムを作るコストが却って高単価になりうるなどコスト面の問題は残る。AIエンジニアに現場の知見がなければ、せっかくいいAIを開発しても現場にフィットしないといないこともありうるという。

MENOUが手がける「MENOU-TE(メノート)」は、この問題点を解決しながら製造業を中心としたさまざま企業がAIを活用できるように手助けする仕組みだ。

MENOU-TEは専門知識がなくとも、直感的な操作(GUI)でAI検査モデルを開発できるノーコード型のプロダクトだ
MENOU-TEは専門知識がなくとも、直感的な操作(GUI)でAI検査モデルを開発できるノーコード型のプロダクトだ

同サービスの大きな特徴は専門知識を持たなくても、直感的な操作(GUI)でAI検査モデルを開発できるノーコード型のプロダクトであること。導入企業の担当者自身がマウス操作など簡単な方法でデータ準備からAIモデルの作成、AIの評価、出力までができる仕組みを作った。要はAI作成に必要な機能を1つのアプリ上でまるっと提供しているわけだ。

またMENOU-TEでは作成した独自のAI同士を簡単につなぎ合わせられるタスクコネクションという概念を導入。これまで人が行なっていた検査を細かい作業(タスク)ごとに分解し、各タスクに最適なAIモデルを作ってそれぞれを組み合わせることで、複雑な検査も自動化できるという。

顧客の視点ではこのサービスを使うことで、AIを試すためのハードルを下げられることが大きい。

膨大な予算があるエンタープライズ企業などであれば、SIerに頼んで自前のシステムを構築することも可能だが、そのためには数千万円規模の初期投資が必要。人手不足などの問題が深刻で、自動化のニーズの大きい中堅・中小企業ではなかなか手が出せなかった。

「(AI活用に)興味はあるものの数千万円単位の投資がかかるため、検査は人でやるしかないと諦めていた企業も多いです。今までは高いコストを支払って外部の企業にお願いするか、従来通り目視検査で対応するしかなかった。そういった企業でもAIを活用できる選択肢を作っていきたいと考えています」(西本氏)

もちろん担当者にツールを渡すだけでスムーズに現場でAIが活用できるケースは稀だ。そのため、今の所は「検査自動化導入サービス(MENOU-IN)」という形でMENOUのメンバーが撮影用のデバイスの選定や解析環境の構築の段階から一緒に伴走することがほとんどだという。

この検査自動化導入サービスも含めた場合でも、MENOUのプロダクトを使えば初期費用は数百万円、月額のランニングコストも数万円単位に抑えられるとのこと。現在は数社がすでにこの形式で同社のサービスを現場に取り入れている。

冒頭でも触れた通り、MENOUは西本氏を含むニコン出身のメンバーが立ち上げたスタートアップだ。

きっかけは西本氏がニコン在籍時に画像検査システムの開発に携わった際、ほぼ全ての顧客が現場に検査員を配置して目視検査を実施する様子を目にしたこと。ただでさえ今後人手が足りなくなることが予想されるのに、すでに「今の担当者がやめてしまったら業務が回らなくなる」という現場が多いことを知り、自動化が急務だと感じた。

当初はニコンの社内プロジェクトとして始めたが、変化のスピードが早いAI領域で本格的に事業を進めていくために独立することを決断。2019年6月にMENOUを立ち上げた。

今後は組織体制を強化しながらMENOU-TEの機能拡張に取り組み、中小規模の製造業をメインにより多くの企業への導入を目指す計画。9月28日にDEEPCORE、シーシーエス、三菱UFJ キャピタルから約8000万円の資金調達も実施した。

「今では多くの人がExcelを使って作業をしているのと同じように、ゆくゆくはAIを誰もが使いこなすような世界になると考えています。外観検査においても同様で、さまざまな企業が汎用的なPCを使って簡単に検査AIを作って試せるようにしていきたい。MENOU-TEを軸にそのための環境を整えていきます」(西本氏)