• Eコマース、テレワーク領域の成長が顕著
  • ブロックチェーン、5Gと全体最適を狙うスタートアップに注目

激動の1年となった2020年。新型コロナウイルスの世界的流行によって、人々の生活様式は大きく変化し、またそれは大企業からスタートアップまで、ビジネスのあり方も大きく変えることになった。

DIAMOND SIGNAL編集部ではベンチャーキャピタリストやエンジェル投資家向けにアンケートを実施。彼らの視点で2020年のふり返り、そして2021年の展望を語ってもらった。今回はモバイル・インターネットキャピタルでチーフ・インベストメント・オフィサー/マネージング・パートナーを務める元木新氏だ(連載一覧はこちら)。

Eコマース、テレワーク領域の成長が顕著

2019年以降、主要VC及び新興VCのファンドレイズが行われ、リスクマネーの供給量は以前よりも厚みを増している。コロナ環境下で投資の選別がより進んだ一年であったように思う。この環境下で追い風を受ける事業領域、残念ながらそうではない事業領域が明確になってしまったといえる。

モバイル・インターネットキャピタル(以下、MIC)のポートフォリオ先では、Eコマースを事業領域とする投資先、また、テレワーク領域を事業領域とする投資先の成長が顕著であった。

具体的には、Eコマースの領域でも越境ECを事業領域とするジグザグである。海外ユーザーが、日本のECサイトで購入する際に、簡易に購入・海外発送できるサービスを提供するスタートアップである。越境EC事業はBeforeコロナでも堅調に推移していたものの、諸外国のロックダウン後の事業成長は目を見張るものがあった。コロナ環境下でEC化率はさらに高まったと感じる出来事であった。

テレワーク領域では、rakumo(2020年9月28日マザーズ上場)がクラウド・ワークフロー等を提供し、コロナ環境下でも堅調に事業を伸ばした。また、テレワークの加速により、オンライン学習領域も顕著に事業拡大が見えた。その具体例は、習い事のプラットフォーム「ストアカ」を提供するストリートアカデミーである。オンライン・オフラインを含む掲載講座数は、5万講座を越え、累計登録ユーザー数は、50万ユーザーを越えた(2020年11月末現在)。2020年2月以降に解禁したオンライン講座の累計受講者数は3.5万件(2020年11月末現在)を突破し、堅調に事業拡大を進めている。

その他、2020年に特長的な動きを感じたのは、行政向けサービスを提供するスタートアップの盛り上がりである。MICの投資先では、行政のDX課題等の課題解決を担うケイスリーがある。コロナ以前から従業員全員がフルリモートのユニークなスタートアップであるが、行政に存在する様々な課題に対し、テクノロジーを活用した課題解決を志向している。今後、行政向けDXのみならず、行政と連携したSDGs領域での事業展開も志向しており、今後の活躍を期待している。

ブロックチェーン、5Gと全体最適を狙うスタートアップに注目

2021年以降は、3つのポイントでトレンドを見ていきたい。(1)ブロックチェーンを活用したアプリケーション領域の盛り上がり、(2)5G・ローカル5G領域の盛り上がり、(3)社会変化における新たな全体最適を狙える事業領域の出現である。

まず、初めにブロックチェーンを活用したアプリケーション領域の盛り上がりに期待している。ブロックチェーン領域での特許出願数の推移をMICが独自で調査した結果、近年はアプリケーション領域への特許出願が多く見られる結果となった。そのアプリケーションの1つが、セキュリティトークン領域であり、このセキュリティトークンを活用したデジタル証券領域に注目している。この領域では、米国が進んでいるが、アジアではシンガポールが先進的取り組みを進めており、ユニークなスタートアップが出現している。また、このデジタル証券が拡大することによる新たなサービスプロバイダーの出現を期待している。この領域は、今後の日本でも期待される事業領域である。

次に5G・ローカル5G領域の盛り上がりである。この事業領域は、スタートアップが主役になりづらい領域ではあるが、当然のことながら、大企業と伍するスタートアップの出現に期待し、そのようなスタートアップの支援を行っていきたい。積極的なインフラ投資により、新たな通信インフラが出現することで、このインフラを活用するスタートアップやインフラの周辺領域で活躍できるスタートアップの盛り上がりに期待したい。具体的には、多様な通信インフラ(5G、ローカル5G、Wi-Fi、LPWA等)を消費者が円滑に利用できるソリューションを提供するスタートアップの出現に期待し、今後数年でこのようなスタートアップが出現すると予想する。

最後に、大きな期待という意味で、社会変化の中で、新たな全体最適を狙うスタートアップの出現に期待したい。特にデジタル領域は、スタートアップの多様なソリューションの恩恵もあり、部分最適が加速的に進んでいる。社会変化の中でDXが進むことにより、新たな視点で全体最適を狙えるスタートアップの出現に期待し、その領域への投資にチャレンジしていきたい。