暗号資産

暗号資産は、電子データのみでやりとりされる通貨のこと。仮想通貨ともいう。法定通貨のように公的な発行主体や管理者が存在せず、国家による強制通用力を持たないのが大きな特徴。2009年に運用が開始されたビットコイン(bitcoin)のほか、イーサリウム(Ethereum)を代表とする各種のアルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生の仮想通貨も次々と生まれた。
1