CtoC

CtoCとは「Consumer to Consumer」の略称。日本語では「個人間取引」を表す語で、一般消費者(Consumer)同士が、プラットフォーム上で直接商品やサービスを販売することを指す。メルカリやラクマなどのフリマアプリがその代表的なサービスとなる。プラットフォームによっては、取引の健全性を目指してエスクローサービス(第三者が決済を仲介して、代金を一時的に預かるサービス)などを導入するケースもある。
5