黒田健介

数多くのイノベーションが起こり続けるシリコンバレーと東京を拠点とし、新しい技術やサービスで世界を変えるスタートアップに投資を行う「スクラムベンチャーズ」の日本のスタートアップ投資の責任者。大企業とスタートアップの事業共創を支援するスタジオ事業では、スポーツやスマートシティといった複数のテーマでプログラムに関わる。それ以前は、PwCコンサルティングにて、消費財や製造業、IT、ヘルスケアといった幅広い業界の国内外の顧客企業に対して、経営戦略・事業戦略の策定を支援。東京大学法学部卒。